--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013
01.16

「殺戮に至る病」 【小説レビュー】 ネタバレなし

Category: レビュー
☆☆☆★★ 星3つ 68点です 


「かまいたちの夜」で有名な我孫子武丸の作品です
叙述トリックの話が出てくるときに、
この作品がよく挙げられています

叙述トリックは100点に近いですが、エログロ描写がかなりのものなので、
この点数にしました





殺戮にいたる病 (講談社文庫)殺戮にいたる病 (講談社文庫)
(1996/11/14)
我孫子 武丸



かまいたちの夜ぐらいの描写かなぁと思っていたら
いやはや、とんでもない

エログロ描写にかなりの耐性がある人でないと
この作品はオススメ出来ません


ただ、叙述トリックに関しては、完全に騙されて
「やられた!」の一言

映画の宣伝でよく見るような「最後の30分にどんでん返し」
がこの本で体感できると思います


それにしても、この作品の中では、ある音楽が流れるのですが、
よく許可したものですね

18禁指定してもいいと思いますが、
エログロ描写を乗り越えれば、ミステリーとしてすごく楽しめると思います


真かまいたちの夜 11人目の訪問者(サスペクト)真かまいたちの夜 11人目の訪問者(サスペクト)
(2011/12/17)
PlayStation 3



ブログパーツアクセスランキング
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。